お知らせ | 春バテ(>_<)

2022.04.14

春バテ(>_<)

皆さんこんにちは!こんばんは!

ようやく寒い冬から、暖かい春!!!かと思いきや暑すぎますね、、、( ̄▽ ̄)

ところで皆さんは「春バテ」という言葉はご存知ですか?

春バテとは、冬から春にかけての大きな寒暖差や気圧の変化などの影響、春の時期特有の環境の変化などにより、心身の疲弊から、身体がだるい、やる気が出ないといった夏バテに似た不調が現れることを指す言葉です。春は一年の内でもっとも寒暖差が大きいと言われています。

春バテの主な症状としては倦怠感や疲労感、やる気の低下、イライラ、不安といった気分に関わるもののほか、頭痛、肩こり、食欲不振、腹痛・下痢、めまい・立ちくらみといった症状が挙げられます。
また、寝つきが悪くなる、浅い睡眠が増えるといった睡眠の質の低下もおこる場合があります。

春特有の寒暖差・春に多い花粉症・環境の変化からくるストレスなどが挙げられます。

上記のことから、身体の常に緊張状態が続き交感神経優位となり自律神経が乱れてしまいます。

 

難しいことを書きましたが、

  • 春は気温に合わせた服装を心がけるのが大切。急な冷え込みに対応できるよう上着やストール等を持ち歩くと良い。

  • 適度な運動は血流を良くし副交感神経を優位にしてくれる。30分程度のウォーキングやジョギングをすると良い。

  • 入浴は全身を温めてくれ、リラックス効果もあるので効果的。40℃くらいのぬるめで15?20分、就寝前の60?90分前に入ると良い。

  • 目元には自律神経が集中しているため、目元をアイマスクやタオルで温めることで副交感神経が優位となりリラックスできる。

  • 食べ物は1日3食バランス良く摂ることが大切。ビタミンB1・C、カルシウム、食物繊維が含まれる食品を摂取すると良い。



院長 喜屋武 幸人